男性の妊活

妊活助成金は活用しないと損!!不妊治療助成金のしくみとは??

投稿日:2015年3月14日 更新日:

妊活に助成金制度がある?!
妊活に使える『不妊治療助成金』が貰えるってご存知でしたか??
そんな気になる妊活助成金の制度や申請方法を紹介します☆

今話題の妊活助成金って??

妊娠するって一言で言っても、
するまでも大変だし、お金がかかることだってあります。
その金額は人によって違いますが、
中には何百万もかかったという人だっているんですよね。。。
 
そんなにお金がかかるなんて!!
びっくりですよね。
 
しかし、そんな方々に朗報です!!
実は、妊活するとお金が貰えるかもしれないってご存知でしたか??
そんなお金があるなら、貰っておきたいですよね☆
今回はそんなお金のお話です。
 
 
 

妊活に助成金があるって本当?!

妊活と言っても、その内容は人によって様々。
 
もし、あなたが不妊で、
体外受精などの高度生殖医療などを受ける事になったら。。。??
その不妊治療では、保険が使えず高額な医療費になることがあります。
そうなってくると、子供が生まれる前に破綻してしまうかも。
 
しかし今、国ではそんな悩めるご夫婦のために助成金を作ったんです!!
 
 
 
不妊治療助成金とは??

さて、この助成金ですが。。。
各都道府県や市などの自治体で行っている、
『不妊治療助成金事業』と言う所で行われている、
助成制度なんです。
治療費全額!!
。。。とまではいかなくても、
多少の金銭的な補助があるだけでも嬉しいですよね☆
 
その内容は、自治体によって異なりますので、
直接問い合わせてみましょう!!
 
 
 
 

不妊治療助成金でいくら貰えるの??

現段階では、
1年度あたり1回15万円までを2回(初年度は3回)まで、
通算5年(通算10回まで)受け取る事が出来ます。
 
しかし、注意点があり、
・凍結した胚による胚移植の場合
・採卵したものの卵が得られない
・状態の良い卵が得られないために中止した場合
上記の場合は、上限が7.5万円になってしまいます。
 
 
 
 

不妊治療助成金がもらえる条件とは??

ちなみに今回、
この助成金に年齢制限がついたのはご存知でしょうか??
 
平成26年4月1日〜28年3月31日までの治療については、
39歳以下は通算6回まで、40歳以上は通算5回までになりました。
 
そして、平成28年4月1日からは、
39歳以下は通算6回まで、
40歳〜42歳は通算3回まで、
さらには43歳以上は助成を受けることができなくなる見込みなんです。
 
この助成金をあなたが受け取るためには、自治体への申請が必要になります。
申請の方法や期間などは各自治体によって異なるので、
治療を受ける予定がある方は早めに確認をしておくといいでしょう。
後から言って貰えないなんて困りますもんね!!
 
 
 

不妊治療助成金の申請方法

特定不妊治療終了後に、
『申請資料』(治療支援事業の申請書、治療支援事業の受診証明書、住民票など)
を、各自治体の担当窓口へ提出します。
 
この時の期間などは、自治体によって様々なので、
分からない所はよく確認しておくといいでしょう。
 
 
 
妊活助成金である『不妊治療助成金』についてアレコレ紹介しましたが、
いかがでしたか??
ちょっとでもお金がもらえるなら、やっておくといいですよね!!
 
 
 

-男性の妊活

Copyright© 専業主婦ユミのなんでも情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.