妊娠・出産 妊活

大変!!妊娠初期に飲んでしまった!!薬の影響について解説

投稿日:2014年9月12日 更新日:

妊娠初期は妊娠に気づかない方も多いです、妊娠の初期症状は風邪にも似ているので、
風邪だと思ってお薬を飲んでしまった!!なんて方も少なくありません。
妊娠初期に薬はどのような影響があるのでしょうか??

妊娠初期に飲んでしまった薬の影響は??

 

妊娠すると、薬を飲んではいけないって本当??


まさか自分が妊娠していると思わなくて、薬を飲んでしまった!
妊娠中だと伝えたけれど、病院で薬をもらってしまいました。
『これって本当に飲んでも大丈夫かな。。。』
という体験をした事はありませんか??
 
私はよく耳にする話です。
妊娠中、特に初めての妊娠の時には、何をしていいのか何をしてはいけないのか、
右も左も分からず悩んでしまった、なんて話はよくあることです。
特にこの薬の話はよく聞く話なので、ここでお話しさせていただこうと思います!!
 
妊娠中の薬剤の服用に関しては慎重になりたいものです。
しかし、中には心配ないような薬もたくさん存在します。
正しい知識を持って、必要な薬は服用するようにするのが大切です!!
 
 

妊娠初期に薬を飲むとどのような影響がある??

妊娠時期によっる赤ちゃんへの影響は、妊娠週数によって異なります。
しかし、薬が体内に多く残るものもあったりするので、注意が必要です。
薬を飲む前に、まずは自分の体のサイクルと向き合ってみましょう。
 
最後の月経はいつ頃でしたか?
本当に妊娠している可能性はありませんか?
また、なぜその薬を飲む必要があるのでしょうか?
 
妊娠4週未満の場合、まだ退治の聞関係性は開始されていないので、
母体薬剤投与の影響を受けた受精卵は着床しなかったり、
流産してしまったり、あるいは完全に修復されるかのいずれかです。
ただし、残留性のある薬は、要注意です!!
 

妊娠週数別

■妊娠4週から7週までは、退治の体の機関が刑される時期なので、
奇形を起こすかどうかという意味では最も過敏性が高い、絶対過敏期です。
この時期には、本人も妊娠している事を自覚していない方も多くいらっしゃいます。
 
 
■妊娠8週から15週までは、退治の重要な機関の形成は終わり、
奇形を起こすという意味では、過敏期を過ぎています。
ですのでその感受性は低下する時期でもあります。
しかし、1部では分化などが続いているため、全く心配ないと言うわけではありません。
 
 
■妊娠16週から分娩までは、退治に奇形を起こす事が問題になる事はなくなります。
しかし、多くの薬剤は胎盤を通して胎児に移行してしまいます。
胎児の発育の抑制、胎児の機能発達への影響、子宮内胎児死亡、
分娩直後の新生児の適応障害や、薬剤が急になくなることによる離脱障害が問題となります。
 
 
■授乳気は多くの薬剤が母乳中に移行してしまうので、
胎児には消化器官を通して吸収されてしまいます。
 
 
■まとめ■
このように、薬の種類や妊娠週数によっても影響は異なります。
少しでも不安な事があれば、病院の先生に相談して安心するのが一番です!!
『どうしよう!!』と悩まずに、まずは相談してみましょう。
 

-妊娠・出産, 妊活

Copyright© 専業主婦ユミのなんでも情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.