DIY・手作り

身近な物で手作りの洗顔フォームを

投稿日:2019年12月11日 更新日:

洗顔フォームというのは、市販されているものをそのまま使用するというのも良いのですが、おすすめは自分で手作りの洗顔フォームを作るということです。

この手作りの洗顔フォームを作るというのは決して難しいことではないので試してみてはどうでしょうか。

重曹洗顔

これは洗顔料を手作りする、というよりもすでにあるものを洗顔に利用する方法になります。
重曹なのですが、重曹を利用した洗顔というのはとても有名です。

重曹洗顔は、洗顔石鹸、洗顔フォームを泡立ててからその中に重曹を一摘み混ぜます。
また、洗顔フォームに混ぜずに、重曹を溶かしたお湯で顔を洗うのも良いでしょう。

重曹洗顔というのは汚れをとにかくきれいに落とす事を目的にしています。
重曹にはさらにスクラブ効果がありますので、皮脂、古い角質はもちろん油分を分解するのでメイクを落とすうえでも効果的です。

さらに古い角質を除去することができるのでお肌に弾力が戻ります。
その結果見た目の印象を若々しくすることもできるんですよ。

脂を除去する効果だけでなく、毛穴の汚れを除去する効果もあるので、毛穴の黒ずみが気になる方にもおすすめなのです。
この重曹にクエン酸を混ぜることで炭酸が発生します。

この炭酸水によって洗顔をすることで、お肌の血行を促進することもできますのでおすすめです。

お米のとぎ汁化粧水と洗顔料を作る

化粧水の作り方というのは非常に簡単です。
水を使用して普通にお米をとぎます。

このとぎ汁を容器に移してから冷蔵庫に入れておきます。
すると、サラサ0ラしたとぎ汁とドロドロしたとぎ汁とに分離するので、このドロドロしたとぎ汁は洗顔料に使用して、サラサラのとぎ汁は化粧水として使用してみましょう。

冷蔵庫においてこのとぎ汁を保管することができるのは3日程度になります。
そのため、できるだけとぎ汁は早く使いきってしまうようにしましょう。

普段からこの米のとぎ汁を使用した洗顔料や化粧水というのは乾燥肌の方には非常におすすめです。

また米のとぎ汁には美白効果もありますので、日焼けをしやすい時期や、日焼けをしてシミができている肌にもとってもおすすめです。

このように普段から使用する洗顔料や、化粧水というのは手軽に作ることができます。
毎日食べるお米などを利用することができれば、お米は食べてとぎ汁はスキンケアに使用することができてこれ以上にエコなことはありませんよね。

とっても簡単な方法ばかりですので、一度試してみてはどうでしょうか。

-DIY・手作り

Copyright© 専業主婦ユミのなんでも情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.