妊娠・出産 妊活

妊娠したい女性が、これだけは受けておいた方が良い検査とは??

投稿日:2014年8月7日 更新日:

『予定していなかったのに妊娠した』という方も多いかと思いますが、
計画的に妊活を進めるのであれば、妊娠前に母体に異常がないか調べる検査はとても重要です!!
では、具体的にどんな事をすればいいのでしょうか??

妊娠したい女性が受けておきたい検査とは??

妊娠前に検査をするの?一体何の?
妊娠してからの方が、いっぱい検査しそうなのに。。。
こんな話をよく聞きます。
 
確かに、妊娠してから行う検査はたくさんあります。
母体はもちろんですが、赤ちゃんだってよく見られます。
じゃあ検査は妊娠してからでも遅くないのでは??
 
なんて思うかもしれませんが、実はそうではないんです。
健康的に妊娠し、元気な赤ちゃんを出産するためには、
それなりの準備が必要となってきます。
 
では妊娠したい女性が受けておくべき検査とは、
具体的にどのような検査でしょうか??
 
 

検査① 子宮頸がん検診

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
子宮頸がん検診は妊娠前の女性が、必ず受けておいた方がいい検診です。
 
子宮頸がんは、ウイルスなどの影響による子宮の入り口付近で起きるがんで、
近年では20代前半の女性にもよく見られるようになりました。
 
子宮がん検診には、子宮内部のがんである、子宮体がんの検査もありますが、
これはお医者さんが必要だと判断したときのみ行われます。
 
万が一、妊娠してから子宮頸がんが見つかった場合は、
初期であれば病巣部をレーザーで焼いたり、子宮頸部を円錐状に切除して、
子宮口を縛り、妊娠を継続させ、出産後に治療にかかります。
 
妊娠してからでは、やはり赤ちゃんにも母体にも少なからずリスクが出てくるので、
子宮がん検診は念のため受けておきましょう!!
 
 

検査② 健康診断

お仕事をされている方でしたら、会社で受けられる方もいますが、
特に30代後半の方で、初めて妊娠されるのであれば、必ず受けておきましょう。
年齢制限などがあったとしても、自費で受けておくべきです。
検査の内容は、多少健康診断によって異なりますが、一般的には下記のとおりです。

  1. 問診
  2. 身体計測
  3. 血圧測定
  4. 尿検査
  5. 血液検査
  6. 心電図
  7. 胸部レントゲン撮影

検査③ ブライダルチェック

ブライダルチェックとは、結婚を控えていたり、近いうちに結婚の予定がある人が結婚前に受ける健康診断で、主に産婦人科で行われる検査です。

特に、結婚してすぐに赤ちゃんが欲しい人や、家族計画がはっきりとされている方は、受けておくべき検査!!

この検査では、ある程度であれば妊娠しにくい体質等も分かるので、不妊や妊娠の支障となる病気を早期に発見し、治療するのにも役に立ちます。
検査の内容は、おおむね下記の通りです。

  1. 問診
  2. 内心
  3. 超音波診察
  4. 血液検査
  5. 尿検査

この他にも、心電図や胸部レントゲンを行う場合もあります。

全ての病院で行っている検査ではないですし、保険適用外の検査になります。
検査内容にもよりますが、一般的には30000円前後と言ったところです。

検査④ マンモグラフィー検診

マンモグラフィー検診は、おっぱい専用のレントゲンの事を刺し、
乳がんの早期発見に役立つ、今注目の検査です。
おっぱいを機械ではさんで圧迫して、上下左右から合計4枚の撮影を行います。
 
この検査は、妊娠前に受ける事が重要となってきます。
基本的に妊娠中は被爆の危険から、レントゲン自体受ける事はおすすめ出来ませんし、
しこりなど気になる事があっても、超音波検診などが中心となり、
検査や治療の範囲も狭くなってしまいます。
 
また、妊娠すると、おっぱいも張ってくるので、
違和感などを自覚するのも難しくなってきます。
これも妊娠前にしておくべき検査でしょう。
 
 

検査⑤ 予防接種

予防接種では、風疹の抗体を調べておく事が大切です。

妊娠中に風疹に罹ってしまうと、先天性風疹症候群と言って、高い確率で、赤ちゃんに影響が出てしまいます。
 
また、抗体検査では、麻疹や水ぼうそう、おたふくかぜなどの抗体も調べる事が出来るので、一緒に調べてもらってもいいかもしれませんね!!

-妊娠・出産, 妊活

Copyright© 専業主婦ユミのなんでも情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.