妊娠・出産 妊活

二人目妊活&不妊治療はいつからするべき??みんなのタイミングとは??

投稿日:2015年1月21日 更新日:

皆さんは、将来お子さんが何人ほしいとか、具体的に考えていたりしますか??
ちなみに私は、自分が2人兄弟なので、
最低でも2人は欲しいと考えてはいるんですが。。。
この2人目不妊が増えていると今話題になっているのは、皆さんご存知でしたか??
 
でも、なぜ2人目が難しいのでしょうか??
1人目妊娠してるんだったら、2人目も普通に出来そうですよね??

二人目妊活&不妊治療をするべきタイミングとは??

 

二人目は不妊になりやすいって本当?!

まず、2人目不妊の原因として一番大きいのは加齢。
今は女性の社会進出も増え、年々結婚&出産の年齢も上がっていますからね。。。
 
しかも38歳を過ぎた辺りから、卵子の老化が急速に進むらしいんです!!
体力も20代に比べて衰えてるのに、更に卵子まで老化しちゃうんです!!
そりゃぁ、なかなか妊娠できなくなりますよね。。。
 
また、卵子とともに子宮内膜も老化が始まってしまい、
内膜内の血流も悪くなってしまうんです。
ですので、せっかく卵子が受精していても、
それが子宮内膜に着床できず、妊娠が上手くいかない事が多いんだとか。。。
 
また、最初の分娩の時に感染症があったり、
出産後にクラミジアなどに感染してしまうと、卵管が詰まうこともあるんです。
『1人目が大丈夫だったから』と言って、
安心しきってしまうのは危ないという事ですね。
 
 
 

二人目妊活はみんなはいつからしているの??

さて。。。なんだか上記の事を考えると、
2人目、ましてや3人目が欲しいなら、
出産後すぐにでも妊活を始めた方がいいような気がしてきちゃいますよね。
 
とは言うものの焦りは禁物です!!
そういう気持ちの変化にも、妊娠は深く関わってきます。
あまり神経質にならずに、どっしりと構えるくらいの気持ちで行きましょう。
 
では、皆さんが2人目の妊活をいつから始めたのか、
みんなの体験談をご紹介します☆
 

 
■『2人目は年齢の事も考えて(もう自分が40近かったので)、
1人目出産後すぐに妊活を始めました。おかげで子供たちは年子です。』
 
■『産休を取っていましたが、私の仕事は産休を最大3年まで伸ばせるので、
1人目の産休中に、2人目も妊娠しちゃいました!!』
 
■『1人目の時、なかなか妊娠出来なかったので2人目は、
妊活の準備万端で始めました。でも2歳差になりましたね』
 

 
 
 

二人目不妊治療はみんなはいつからしているの??

よく『1人目が不妊治療の末に出来た』という方の多くは出産後、
結構早い時期から2人目の妊活を始めたというお話を耳にします。
 
たしかに、自分自身の体やパートナーに問題があって、
妊娠しにくいというのならば、早目に妊活スタートしちゃいますよね。
そんな皆さんのお話をご紹介します。
 

 
■『1人目の子が7回目の受精卵で、
何とか成功したので2人目も早目に不妊治療に取り掛かりました。』
 
■『1人目の不妊治療を経て、2人目もすぐに欲しかったのですが、
1人目が帝王切開だったため、1年間は子宮を休めました。』
 
■『2人目の事は、あんまりすぐには考えていなかったのですが、
年齢の事を考えると、あまりゆっくりしている余裕はありませんでした。
1人目の育児が少し手を離れてくる3歳あたりから治療を始めました。』
 

 
。。。などなど、
やっぱり年齢の壁はかなり大きいものがありますね。
どんなに若く見える人でも、着実に卵子や子宮は老化していくもの。
もしも、2人目を本気で考えているのならば、
早いに越したことはないのかもしれませんね。
 
 
 

-妊娠・出産, 妊活

Copyright© 専業主婦ユミのなんでも情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.