生活費

使い切れなかった片栗粉を使ったまさかのアイデア集

投稿日:2019年12月20日 更新日:

出典:amazon.co.jp

片栗粉って結構余ったりしますよね。思ったほど使わないので、気がついたら食べられるのかそうでないのかわからない状態になっていたりします。そんな片栗粉もアイデア次第で結構な節約術に繋がるようです。

もちろんできるだけ食べきることを前提に買うことが大切です。余ってしまい、結局捨てるのであれば資源の無駄ですし、お金だってもったいないですよね。節約術を考えるからには、その点もちゃんと見極めて買うべきです。

しかし、実際に物事が必ずしも予定通りに運ぶとは限りません。なので、余ってしまったらもうしょうがないので、次のステップ「なにに利用できるか」を考えましょう。こういった切り替えもまたひとつの節約術に大切な能力です。

片栗粉の特性を見ると、まず台所関係のことで役に立たせることができます。例えば、焼き魚をするときにグリルを使いますが、結構魚臭い脂が出るものです。この脂の受け皿の中に水に片栗粉を溶いたものを薄く入れておきます。

そうすると、焼いた魚から落ちる脂を吸収しながらその片栗粉の水が固まるので、あとはそれを受け皿から剥がして捨てるだけです。グリルも汚れないし、捨てるのも簡単です。
同様に、天ぷらやからあげのあとに出る大量の油も、片栗粉で固めて捨てることが可能です。

まだ熱いうちに油とほぼ同量の片栗粉を入れると、冷めるコロにはドロドロとした液体に変わっていますので、あとはビニール袋などに入れて燃えるゴミで捨てることができます。
これらは台所周りのアイデアですが、実はほかにも驚くべき使い方もあるんですよ!

片栗粉で化粧品を作ってしまう!

驚くべきことと言いましたが、もしかしたら女性にはすでに常識かもしれません。それは、片栗粉でマットネイルコートを作るというものです。マットネイルというのは男性にはピンと来ないかもしれませんが、車で言うと、光沢のないカラーリングってありますが、まさにあれです。そう、マットブラックなどのマットカラーですね。

光沢があるのがこれまでのネイルカラーでしたが、最近は光沢のない色合いも人気で、それを作るのに片栗粉が適しているのです。このネイルのマットコートは片栗粉だけでなく、コーンスターチでも可能です。

食品でなければ余ったベビーパウダーでも代用できます。作り方は至って簡単で、お手持ちのネイルに片栗粉を入れるだけです。ただ、片栗粉はダマになりやすいので、しっかりと砕いて粉状にします。また、いっぺんに大量の片栗粉を入れるのではなく、少しずつネイルに混ぜていくといいでしょう。あとは、滑らかになるまでしっかり混ぜます。

それから、フェイスパックも片栗粉でできてしまいます。卵黄にハチミツと片栗粉をそれぞれ大さじ1杯ずつ入れて美白フェイスパックもできますし、水50ccに対して片栗粉大さじ1.5杯をよく混ぜ、約40~60秒ほど電子レンジにかけると固形化し、それが人肌程度に冷めたら顔などに塗ってパックすると、肌がすべすべになります。

余った食材がアイデア次第で化粧品に早変わり。節約もここまでできれば楽しくなるのは間違いないですね!

-生活費

Copyright© 専業主婦ユミのなんでも情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.