ファッション

基本的なくるりんぱのHow to、失敗の原因と改善策をご紹介します

投稿日:

くるりんぱとは、ヘアゴムで束ねた髪の結び目を割り、そこに髪を“くるりん”と通したヘアアレンジのことです。ねじりの入った見た目がオシャレ上級者のようなナチュラル感を演出でき、結び目(ヘアゴム)部分がうまく隠れてくれるので、不器用さんでもこなれ感のあるアレンジができると話題です。 くるりんぱの方法は、以下のとおりです。
基本的なくるりんぱのやり方
①ゆるめのポニーテールを作ります。 ②結び目の上部分の髪の毛を、左右に割ります。 ③②の割れ目に、ポニーテールの毛束を上から通します。 ④③で通った毛束を、左右にぎゅっと引っ張ります。
上記の基本的なやり方だけでも可愛いのですが、2回、3回と繰り返したり、三つ編みをプラスしたり…と、合わせ技もオススメです。毛量が多くまとまらないタイプの方は、複数回のくるりんぱで全体のボリュームを抑えてみてください。 きっちり系のファッションでも、ゆるめのファッションでも、オフィスでも休日でも、結婚式やパーティーでも、和装でも…、くるりんぱは、結ぶ位置や組み合わせによって変幻自在にマッチしてくれます。 自分でできる上に見た目もオシャレなので、浴衣のシーズンにも活躍してくれるはず。

ナゼかくるりんぱが上手にできないんだけど…

「自分でくるりんぱをすると、ナゼかぺしゃんこになる…」という方もいるようです。または、くるりんぱがパカッ!っと割れてしまったり。 “かんたんなヘアアレンジ”として紹介されているものの、このように失敗してしまう方は意外と多いようです。
ボリューム不足
よくある失敗は、くるりんぱのボリューム不足です。ボリュームをアップさせるには、以下のような改善策が挙げられます。
  • 前もって髪を巻いておく
  • 三つ編みや複数回のくるりんぱの合わせ技を行う
  • 結ぶ位置を高くしてみる
  • くるりんぱのあとの“ほぐし”をちゃんと行う
  • 中かでも、ほぐしが足りない、あるいはできていない方は少なくないようです。ほぐしとは、“くるりん”と髪を通したあと、全体のバランスを見ながら、髪の毛を少しづつゆるめて行く事です。
    くるりんぱの長所は、ナチュラル感やこなれ感ですので、ぴちっと結びすぎた状態ではオシャレなイメージも半減してしまいます
    ゴムが見えちゃってる
    ヘアゴムが見えているよりも、やはり見えていない方がオシャレ感はアップします。ゴムが見えてしまっている時は、くるりんぱした髪の一部を巻きつけてヘアゴムを隠しましょう。結び目を隠すだけですので、髪の毛をたくさん巻きつける必要はありません。出来上がりに響かない程度の量を取るようにしてください。
    後れ毛が崩れすぎ
    くるりんぱに後れ毛をプラスしたアレンジをする際は、後れ毛にも気を使いましょう。ナチュラルな仕上がりをイメージしていたはずなのに、グチャグチャな印象になってしまう事があります。ルーズな可愛さを演出できる後れ毛ですが、本当にルーズになりすぎないように注意してください。 最後に作り方の動画をご紹介します。この夏、ぜひチャレンジしてみてください!
    ]]>

    -ファッション

    Copyright© 専業主婦ユミのなんでも情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.