Androidケータイ

Androidのバックグラウンドデータを個別に設定して通信量とバッテリーを節約しよう

投稿日:2020年2月20日 更新日:

Androidを利用している人ならご存知かと思いますが、動作している最中のアプリからホーム画面に戻って、しばらくたって再度アプリを立ち上げると前回使っていたところから再び操作できるようになっていますよね。

これは非常に便利ですし、スピーディにアプリが使えるのでありがたい機能だといえます。

しかし、実はこのアプリがバックグラウンドで起動している状態というのはデータ通信も行っていますし、当然その分だけCPUなどに負担をかけているわけですので消費バッテリーも激しくなってしまいます。

バックグラウンドデータの通信量はバカにならない

アプリによってはバックグラウンドデータ通信量が数百MBになることも珍しくないようです。そう考えると、格安SIMなどの「一定量までは高速通信ができる」という条件のプランだと厳しい場面が出てくる可能性も高まってしまいます。

Android4.0以降はそれぞれのアプリごとのデータ通信量を確認したり、同時にバックグラウンドデータ通信の制限をかけることもできるようになっています。

こちらはAndroid OSの標準機能になっているので、わざわざ通信制御アプリなどをインストールする必要もありません。

設定方法などを確認して、バックグラウンドデータ通信による余計なデータ通信量やバッテリーの消費を節約していきましょう。

バックグラウンドデータ通信を制限する手順


ということで具体的にバックグラウンドデータ通信を制限するための手順について紹介していきたいと思います。

注意点としてはAndroid4.0以降であること、各バージョンや各メーカーのAndroidによって若干操作方法が異なる場合があることは覚えておいてください。

と言っても基本的には同じ操作で大丈夫だと思います。

1.Android設定画面のデータ使用に進む

まずはAndroidの設定画面に移行しましょう。すると「データ使用」というカテゴリーがあるのでそちらをタップ。

2.使用量上位アプリを確認

データ使用のカテゴリーに入ったらデータ使用量が上位のアプリが表示されます。この時「モバイルデータの制限を設定」という項目にチェックを入れると、一定通信量を超えた際に自動的にデータ通信を停止させることができます。また、グラフに表示されている右側のつまみをドラッグすることで任意の上限を設定することもできます。

3.Wi-Fiの使用状況も表示して確認

標準の「データ使用」の画面だと全てのデータ通信量を確認することができません。ということで、メニューから「Wi-Fiの使用状況の表示」を探してチェックを入れましょう。するとWiFiを利用しているときのデータ通信量も同じように確認できます。

4.バックグラウンドデータ制限

ある程度使用を制限したいアプリが絞れたら、個別に「バックグラウンドデータ制限」にチェックを入れていきます。チェックが入れば、そのアプリはバックグラウンドでのデータ通信が禁止されます。

-Androidケータイ

Copyright© 専業主婦ユミのなんでも情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.