食費

ストレスフリー!!でおやつ代を節約!手作りお菓子は本当にお得?

投稿日:2020年2月26日 更新日:

おやつ・お菓子は生きていくために必要ありません。

節約術について考えるのであれば思い切ってやめてしまいましょう。
…と言われたとしても、おやつ・お菓子を食べることが楽しみで仕事をがんばれる、間食が趣味だという人もいるはずです。そういった人は、節約しながらおやつを上手に取り入れてみてはどうでしょうか。

食費を節約するためにおやつを食べないようにしようと考えてしまうとストレスが溜まってしまいます。特にそれまでおやつを食べるのが習慣になっていた人の場合、急にやめてしまうと反動からドカ食いに走ってしまうこともあるので注意しなければなりません。

■おやつ・お菓子を食べる回数を減らす


毎日10時と15時にしっかりおやつを食べているという人は、これを1回にすることから始めましょう。それだけでも間食代を半分に減らせますよね。

もしそれが難しいということであれば、いつもは1回で食べているおやつを2回に分けて食べるようにしてみてはどうでしょうか。全く食べないと決めてしまうとストレスが溜まりますが、少しなら食べてもいいというルールを作るとストレスなく量を減らすことができます。

それと、特におやつを食べたいわけではないけれど口寂しいからおやつに手が伸びてしまうという人も多いはず。こういった時には歯磨きをしたり、ガムを一粒噛むだけでも口寂しさが紛れます。

■子供のおやつ代を抑えるには


小さな子供がいる人は子供が食べる毎日のおやつ代も大変ですよね。スーパーやコンビニではたくさんのおやつが売っていますが、そんなに量が入っているわけではなくても1個100円以上のものばかりです。こういったものを毎日買い与えていてはお菓子だけでかなりの食費がかかってしまいます。

それに、お菓子には栄養素がほとんど含まれていないわけなので、お菓子でお腹がいっぱいになってしまって食事を食べないということになると体にもよくありません。まずは先に紹介したようにお菓子の量を減らすように心がけるといいでしょう。

袋入りのお菓子はそのまま出すのではなく、半量を皿に出すというのもおすすめの方法です。何種類かを組み合わせて少しずつ出せばあまり文句が出ることもありません。

■手作りお菓子は節約に繋がる?


売っているものを買ってくると高くついてしまうから自分で作るという人もいますよね。ですが、果たしてお菓子を手作りすることは節約に繋がるのでしょうか。

お菓子の材料といえば、薄力粉・砂糖・卵・バターなど。ちょっとおしゃれなものを作ろうと思ったらグラニュー糖やリキュール、レーズン、ドライフルーツなども買わなければなりません。こういったものを全て揃えるとなると意外にお金がかかってしまうものです。

良い材料を使うとどうしても費用がかかってしまうので、安く揃えられる材料を使ったお菓子を考えてみるといいでしょう。例えば、自家製のポテトチップスなどもおいしいです。他にも余った野菜を使って野菜チップスを作り、それをおやつとして食べるのもおすすめ。

小さな子供がいる方は子供と一緒にお菓子を作ってみてはどうでしょうか。一緒に作ると例え量が多くなくても満足してくれるようです。

注意しなければならないのが、手作りお菓子を作り始めると電気代やガス代、水道代が増えたと感じる人が多いということ。洗い物が増えたり、オーブンやガスを使う時間が増えたことにより食費以外の光熱費が増えてしまうこともあります。もしかしたら結果的にスーパーで安いお菓子を買ってきたほうが食費を抑えられるという結果になってしまうかもしれません。

そういった細かい部分まで考えてお菓子を手作りするのか買ってくるのか決めてみてはどうでしょうか。

-食費

Copyright© 専業主婦ユミのなんでも情報ブログ , 2020 All Rights Reserved.